2015年2月9日月曜日

E-M10のショット数が増えてきた

8月末にE-M10を買ってから、ほぼ5か月、ショット数が月平均1000前後で結構撮ったんじゃないかという気がしてきた。OLYMPUSのカメラは保守モードでショット数が見れたりするらしいので、家帰ったら見てみましょう…

ということでショット数が1000超えたらカメラの癖が見えてくるとか言われてるらしいのでちょっとひいき目にまとめてみます。カメラの知識は乏しいので間違っているかもしれません。

E-M10は小さくてすごい

こんなに小さいのに機能はSony a6000より多機能な気がしたので購入に至ったわけです。E-M10買った後に持ってたカメラはぜんぶ処分してしまったぐらい…あ、コンデジはちょろっと残ってます。この小ささだと本体、キットレンズ、あと望遠ズーム、あと予備バッテリーだけバッグに詰めてバイクでツーリングに行きたくなります。春以降はツーリング回数増やしたいですね。あ、例の春オフは行きます。

レンズが安くて高性能

OLYMPUS純正レンズが安くて高性能です、使っててひしひしと感じてます。寄って撮ったときのクッキリハッキリ感がすごいです。25mm(換算50mm)F1.8が実売3.5万、45mm F1.8が実売2.5万です。この2つのレンズがあったらいろいろ楽しめるんじゃないですかね。まずOLYMPUS純正レンズを揃えていきましょう。ズームは安いのでよい。

ボケとか

フルサイズ比で半分らしいです。なんかいろいろ写真見てたらボケ過大なのが嫌いになってきた…ボケコントロールもうちょっとやってほしいなと思いつつゆるボケしてくれるMFTが好きになってきました。

フラッシュの設定

A-TTLでディフューザー着けて+1.0前後で調整、なのかな?試行錯誤中…

M1とかM5-2とかの存在

気にはなりますけどもM1はそのうち欲しい、M5-1安いので欲しい、あとGH2かGH3あたり欲しいッて辺りでしょうか。とりあえずサブ機欲しい、何買おう?

Adobe Lightroom

ずっと着いていきます…もうちょい使いこなしたいところ。OLYMPUS Viewerがもうちょっと使いやすければなー。ハイライトシャドーコントロールがまだ良くわかってないです。

まとめ

  • 単焦点に慣れすぎてズームが苦手になった。25mmだと見たままに撮れるので楽しいけどそれ以上の何かの撮り方がわからなくなった。
  • 撮って出しの絵が分からなくなってLRで必ずWBと露光の調整をするようになった。
  • ボディの設定煮詰めてない感(そのためLRで弄り必須に)
いろいろ迷走中ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿